B型肝炎の給付金とは

Pocket

B型肝炎とはHBVと呼ばれるB型肝炎ウイルスに感染することによってなるウイルス性の肝炎のことです。日本には150万人ほどの患者がいるとされています。そのうちのほとんどは自然治癒するのですが、中には肝炎を発症してしまう方がいます。そうなると慢性肝炎になり、肝硬変や肝臓がんになってしまうこともあります。死んでしまう方もいるのです。

注射器こちらは血液を介して感染するという特徴があります。そのためかつては注射器の使い回しによってB型肝炎の感染者が増えるという事態が起きました。また、母子感染してしまう病気であり、きちんと対策がとられていなかった時代に母子感染した方もたくさんいるのです。注射器を共用しないようにしたり、性行為の際にはコンドームを着用することによって、感染を防止できます。

そんなB型肝炎なのですが、日本では集団予防接種時の集団感染が問題となりました。当時の国の不手際によって起きてしまったのです。国がきちんと対策をとらなかったことに怒りを感じている方が多く、国に対して集団訴訟をして和解が成立しています。これによってB型肝炎給付金の請求に関する法律が生まれました。

こちらではこれからB型肝炎の給付金を請求したい方のための情報を提供します。給付金を受け取る際には弁護士に頼むと良いのです。訴訟をしなければいけないからです。実際に弁護士に相談をする際のポイントについてまとめました。給付金を受け取りたい方は参考にしてください。


関連記事